中国のクリスマスの過ごし方

中国人は、クリスマスに何をするか?

クリスマスに何をするか?

中国の「上海サーチナ」という調査会社が、中国人男女に「クリスマスに何かするか?」についてアンケートを取ったところ、トップにあがっていたのは、「特に何もしない」というものでした。

2番目は、「レストランで食事をする」で、3番目以降は、「恋人や家族にプレゼントする」、「日帰りで旅行」、「泊りがけで旅行」となっていました。

特に何もしない人が多くても、中国の恋人達にクリスマスは定着しつつあり、クリスマスに一緒に食事をしたり、プレゼントを交換したり、映画を見てから繁華街でショッピングをします。

しかし一般家庭では、日本のようにクリスマスにケーキを食べて、子供の枕元にクリスマスプレゼントを置くなどという、ヨーロッパ的なクリスマスの習慣はないようです。

レストランはご予約を!

クリスマスシーズンにホテルやレストランが混んでいるというのは、日本と一緒ですね。

中国のホテルやレストランでは、クリスマスやクリスマスイブ向けの特別メニューを提供しています。

レストランのなかには、貸し切りでクリスマスパーティーを開催する店もあるので、必ず予約を入れるようにしてください。

ホテルのクリスマスディナー

クリスマスディナーと言えば、ホテルで食べるのが一般的です。

豪華な料理が食べ放題、美味しいお酒が飲み放題、シャンパンやクリスマスプレゼントが付くホテルもあります。

また、お茶好きな中国人であることから、「クリスマス・アフタヌーンティー」が開催されます。スイーツとお茶がセットで提供されます。

ホテルには、ゴージャスなクリスマスツリーが飾られて、大がかりなイルミネーションがとても綺麗です。

ただ、クリスマスだからクリスマスケーキを食べるという人よりも、せっかく中国に旅行に来たのだから、本場の中華料理を食べたいという人の数も多いようです。

日帰りで旅行する人、泊りがけで旅行する人も多く、中国にはクリスマスに多くの観光客が押し寄せます。

中国には、北京料理、上海料理、四川料理、広東料理などの専門店がひしめいています。どの料理が食べたいのか、目的をしぼってからお出かけください。