中国のクリスマスの過ごし方

中国のクリスマスプレゼントで人気、不人気、タブーなもの

りんごをプレゼント!

中国には、クリスマスプレゼントとして“りんご”を贈る習慣があります。

クリスマス・イブを「平安夜」と言いますが、りんごは「平安果」であることから、イブの夜に「平安に一生をおくれますように」との願いを込めてりんごを贈ります。

りんごは特殊なものではなく、どこにでも売られているものですが、中国ではりんごがラッピングされて、通常の3倍ほどの値段で売られています。

日本も、母の日になるとカーネーションの値段などは高騰しますから、商魂たくましい商売人はどこの国にもいるということでしょう。

もちろんりんごだけでなく、いろんなものがプレゼントされます。

クリスマスプレゼントのタブー

中国には、クリスマスプレゼントとして贈ってはいけないとされているものがあります。

そのひとつが「靴」です。靴を贈っていけない理由は、「恋人が歩いて(自分の元から)去っていくから」だそうです。

また、傘は中国語で「傘(サン)」と言いますが、傘の発音が「散(サン)」と同じであることから、ふたりの関係が「散る」ことになってしまうので、これも贈ってはいけません。

傘と同じような理由で、置き時計は「鐘(ヂョン)」と言い、「終(ヂョン)」の発音と一緒ということで、贈り物にはタブーとされています。

ふたりの仲に終わりを告げる置き時計、中国の人は縁起をかつぐようですね。

プレゼントを贈る意味

中国では、クリスマスに異性にプレゼントを渡すときに、特別な思い入れなどはないようです。

日本人にとって、クリスマスは恋人同士で過ごす特別な日ですが、中国はクリスマスの歴史が浅いため、そこまでの記念日ではありません。

「クリスマスに何をするか?」というアンケートで、一番多かったのは「特に何もしない」でした。中国人は、クリスマスに恋人ではなく、友人と過ごすこともあります。

男女の区別なく、クリスマスプレゼントを交換して、家に呼んで食事をして、楽しく過ごすイベントのひとつです。

クリスマスプレゼントをもらったから、家に呼ばれて手料理をご馳走されたからといって、関係が特別なものに進展するということでもなさそうですね。